株式会社 エイケン
  トップ  
  会社案内  
  事業案内  
  浄化槽について  
  浄化槽・貯水槽について  
  その他の事業  
  Q&A  
  リンク  
  お問い合わせ  
浄化槽に関する法律(浄化槽法)

浄化槽は、おもに「保守点検」「清掃」「法定検査」の3つの内容に関して、
法的に義務付けられています。
以下は一例です。

浄化槽法第13条
浄化槽の型式の認定
建設大臣の型式認定があれば、浄化槽が構造的に安心できるものであるということが定められています。

浄化槽法第21条
浄化槽の設置
千葉県内においての設置は、千葉県知事の登録を受けた浄化槽工事業者だけができることになっています。

浄化槽法第8条
浄化槽の保守点検
専門的な技術を持っている者だけが保守点検を行えます。千葉県知事の登録を受けた 浄化槽保守点検業者に委託してください。

浄化槽法第7条
法定検査(設置後の水質検査)
新しく設置または増設などをした場合、使用開始後から6ヶ月経過した時点から2ヶ月以内に定められた検査(7条検査)を受けなければなりません。

浄化槽法第10・35条
浄化槽の清掃
年1回以上は、市町村長の許可を受けた業者に清掃を依頼してください。

浄化槽法第11条
法定検査(定期検査)
毎年1回(浄化槽によっては環境省令で定められた回数)、日常の保守点検や清掃の 管理状況を見るために、水質検査を受けなければなりません。