株式会社 エイケン
  トップ  
  会社案内  
  事業案内  
  浄化槽について  
  浄化槽・貯水槽について  
  その他の事業  
  Q&A  
  リンク  
  お問い合わせ  
浄化槽に関する法律浄化槽の保守点検浄化槽のタイプご家庭でのメンテナンス

浄化槽の秘密は、その中で生きているさまざまな種類の微生物にあります。
微生物は、汚水に含まれている有機物を食べて分解します。分解されたものは、汚泥となって沈殿し、浄化された水は消毒槽を通って自然に帰されます。
浄化槽は、水の浄化のために重要な微生物が繁殖しやすいような構造になっていて、生き物といっても過言ではありません。大変デリケートな装置なのです。
保守点検は、定期的に行いましょう。装置に支障があると、汚れた水が河川に流出したり、悪臭が発生したりしてしまいます。回数は、浄化槽の処理方式や処理対象人数(浄化槽の処理能力)によって変わってきます。
また、年に1〜2回は清掃を行いましょう。ただし回数は、使用人数や使い方によって変わってきます。とくに、旧式の全ばっ気方式浄化槽(昭和56年以前の方式)では、少なくとも6ヶ月に1回行わなければいけません。
点検や清掃についてくわしくは、当社までお問い合わせください。

清掃の回数(目安) 保守点検回数(目安) 単独処理浄化槽  
保守点検回数(目安) 合併処理浄化槽